知っていれば安心!ピンクコンパニオン宴会のマナー

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価 0.00 (0 票)

楽しい楽しいピンクコンパニオン宴会。

でも、最低限のマナーを守らないと、せっかくの宴会が台無しになる場合も。

宴会を成功させるために守っていただきたいマナーをまとめました。

 

<酔っぱらっても女性が嫌がることはしない>


温泉旅行に行ってピンクコンパニオンとの宴会をするのは楽しいですね。普段社内で女性社員に向かってやるとセクハラと言われるようなことを言ったり、ボディタッチをしたり抱き着いたりしても全く問題ありません。

その辺まではサービスの範囲なので怒られることはありませんが、酔っぱらってしまうと、度を越して女性が嫌がることをしてしまう人もいます。
ピンクコンパニオンの女性はお金をもらって宴会を盛り上げる仕事をしています。
所属するコンパニオン派遣会社の規定サービスの範囲内では、サービスしてくれますが、その範囲を超えるものに関しては通常は断られます。
その際に、嫌がっていることを強引にさせたり、無理に関係を迫ったりすると、盛り上がっている宴会の雰囲気も壊れてしまいますし、最悪の場合宴会が中止になってトラブルに発展する可能性もあります。ブラックリストになって次から利用させてもらえないこともあるのです。


上手く空気をよみ、相手が本当に嫌がっているように感じたら無理に強要するのではなく、素直に引くようにして、自分に非があれば謝りましょう。また、周りの同僚や上司がやりすぎた行動をしている場合も、場の雰囲気を壊さない程度に注意をしておきましょう。

<身だしなみにも気を配る>


小汚い恰好の男性は嫌われます。服装がボロボロであったり、髪型が伸び放題でボサボサであったり、伸び放題のひげなど。さらには食後歯を磨いていなかったり、タバコを吸っていたりして口臭が気になったり、汗をかいていて体臭が気になったりと、男性だけの空間だと気にしていなかったものでも女性の立場から見ると不潔に見えてしまいます。

きれいめの私服を用意しておくとか、旅行の前に髪を切っておくとか、宴会前にはお風呂に入って汗を流しひげをそっておくとか、歯を磨いておくとか、難しいことではなくすぐできることなので、やっておきましょう。


<マナーを守ればサービスの質も向上し全てがうまくいく>


ピンクコンパニオンといっても相手は人間です。
お金を払っていてこちらは客だから何をしても許されるというのではなく、自分がされて嫌なことはせず、最低限のマナーを守って利用しましょう。そうすることで相手も気持ちよくサービスしようという気になって、サービスの質も向上していくでしょう。


それでは、宴会を目いっぱい楽しんでくださいね!!