ピンクコンパニオンで接待を成功に導くには?

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価 0.00 (0 票)

ピンクコンパニオンで接待を成功に導くには?


<接待を盛り上げる小道具としてのピンクコンパニオン>


営業マンが大口の売上を取るためには、接待が必要になってくる場合も多いです。
接待慣れしていないと、どう接待すればよいか分からない場合も多いのではないでしょうか?
そんな場合は、接待を盛り上げる小道具としてピンクコンパニオンを利用してみてはいかがでしょうか?
ピンクコンパニオンは宴会を盛り上げる専門家ですので、きっと接待を盛り上げて取引先を気分良くさせ、取引を成功に導いてくれるでしょう。


<リサーチが大切>


まずは、取引先の担当者がどのような人なのかをリサーチしましょう。例えば胸の大きい女性が好きとか、ぽっちゃり系が好きとか、ギャル系の女性が好きとかの好みの女性のタイプや、お酒は強いのか、どんなお酒を好んで飲むのかなどを調べておけばよいでしょう。
その辺の情報は、予約の際に詳しく伝えておきましょう。
楽園は自社専属コンパニオンを持つ派遣会社兼宴会の手配会社。親身になってお手伝いいたします。


<宴会当日の流れ>


宴会当日には、事前に打ち合わせをしましょう
ピンクコンパニオンの中には必ずコンパニオンリーダーという人がいますので、その人と宴会開始前に打ち合わせします。
ここで最終的な女性のタイプのすり合わせや、宴会をどういう内容で盛り上げるのか綿密に話し合いましょう。宴会では、ゲームをするのが盛り上がりやすいです。王様ゲームや野球拳、ツイスターなどがおススメです。王様ゲームは、王様と書かれたくじと、人数に合わせた番号が書かれたくじを用意し、くじ引きします。そして王様くじを引いた人が、例えば、1番が2番にハグするとか、3番が王様にキスするとか自由に命令できるゲームです。
ピンクコンパニオンに協力してもらい、取引先の人に王様を引かせるように仕向けてみましょう。そうすることで、取引先の気分もよくなります。

そして宴会が終わったら、料金を支払い、忘れずに領収証をもらっておきましょう。
翌日は旅館のチェックアウト時に、取引先に手土産を渡してお見送りです。家族みんなで食べられるような地域の特産品のお菓子などが最適です。

 

さて、後になりましたが、ある程度親しくなった相手でないと、ピンクコンパニオン宴会はおすすめできません。

初対面の取引先の方をピンクコンパニオンで接待ということはないと思いますが、なにしろピンクコンパニオンは裸になるコンパニオン。

宴会に参加する男性側も、野球拳をしたり混浴したりと、望まなくとも裸のおつきあいになります。

相手がどんなに乱れようとも自分は一切乱れず、毅然とした態度を保てる自信がある!という類まれな男性もいらっしゃるかもしれませんが、それでは接待される側が白けてしまいます。裸と裸のおつきあいだからこそ、仲良くなれるのです。