ピンクコンパニオンのお持ち帰りについて

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価 0.00 (0 票)

こんばんわ、湯じじいです。

ピンクコンパニオンはお持ち帰りできますか?という問い合わせを受ける時があります。

ご予約の電話で聞かれるときもありますし、マネージャーとして宴会についていって、集金の際に尋ねられる場合もあります。

答えはNO.

だって女の子は、マネージャーがひとりひとり自宅まで送り届けるんです。

大事な大事なお姫様ですからね。

マネージャーっていいなぁ~、両手両足に花で、何時間もいっしょに車に乗っていられるんだぁ、なんて思われがちですが、そうでもないんです。

女の子ってむずかしいですからね。まず、女の子同士の相性の問題があります。仲の悪い子同士は極力組ませたくないのですが、人数の大きい宴会だったり、どうしても他の子のスケジュールが合わない場合は一緒になってしまう場合もあります。仲のいい子同士はいいけど、よくない子は車の席で揉めたりします。3人掛けの真ん中に誰が座るかってね。

あと、送りの順番ね。普通に考えれば近い順に送っていけばいいようなものですが、次の日朝が早いから自分を先に送ってほしいと言い出す女の子とかいるわけです。でも誰だって早く送ってほしいのは山々だからまた揉める。なかなか大変っすよ、コンパニオンマネージャーって。仕事のグチを聞いてあげたり、、時には恋愛相談されちゃったりして。

お持ち帰りで思い出しましたけど、中国のお客様にも良くきかれます。

中国のお客様、よく女体盛りをされるんですが、千葉の木更津亀山温泉で女体盛り宴会やって、気に入った女の子を新宿とかのホテルに持ち帰っていいか、と訊かれたことが何回かあります。もちろんNO。新宿だったらデリヘルがいくらでもあるから、コンパニオンじゃなくてそっちで遊んでくださいって案内しました。あとで人から聞いた話ですが、電化製品やブランド品を爆買いされる中国の人たち、新宿あたりのデリヘルでも爆買いされるそうですね。

中国のお客様に大人気、楽園お得意の女体盛り。せっかくのおさかなですが、中国の方は見て楽しむだけでほとんど手を付けません。もったいない。。。

あ、もちろん日本人のお客様にも女体盛りは大人気ですよ