ピンクコンパニオンにモテたいなら外見から

1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 評価 0.00 (0 票)

<第一印象は見た目で決まる>


社員旅行に行くと、ピンクコンパニオンを呼んで宴会することもよくあると思います。普通に宴会だけでも楽しいですが、せっかくなので、さらにピンクコンパニオンと仲良くなりたいと思いませんか?

ピンクコンパニオンも女の子、リーダーの指示通り宴会を進めてはいても、どうしても女の子が周りに集まってくる男性と、なんとなく寂しい存在になってしまう男性との差がついてしまうものです。


そこで、ピンクコンパニオンからモテる秘訣をご紹介します。
まず、第一印象は見た目で決まります。メラビアンの法則というものがあり、顔の表情、目線、態度、体型、服装、髪型などの見た目情報で印象が決まり、その判断の割合が93%にもなります。その中でも特に服装や髪型が大きくその人を印象付けます。
旅行で温泉地に行くと、まず温泉につかり、宴会では浴衣姿という人も多いのではないでしょうか?確かに浴衣はゆったりとした服装でくつろぐには最適です。ただ、周囲の大部分の人が浴衣姿なので、自分も浴衣だと印象が薄くなってしまいます。一方で、自分だけ私服を着ていたらどうでしょうか?ピンクコンパニオンの女性から見て印象に残りやすくなります。簡単にできる服装などの部分から実践してみましょう。


<清潔感が重要>


ただ、私服であればどんな服装でもよいという訳ではありません。女性は不潔な男性を嫌いますので清潔感が重要です。食べこぼしのシミが付いていたり、着古されてボロボロになっていたり、アイロンをかけておらずしわだらけであったりと不潔な感じの服装であったり、サイズや年齢層があっていない服装なども、逆に悪印象として目立ってしまいます。
その辺に気を付けて、きっちりとした身だしなみにすることを心がけましょう。もちろん、社員旅行の宴会ですから、ピシっとしたスーツで決める必要はありません。かえって浮いてしまいますからね。カジュアルでリラックスできる服装がいいでそう。


また、清潔感を高めるには自分のニオイにも気を配りましょう。宴会中はピンクコンパニオンの女性と急接近したり、キスすることになるかもしません。女性はニオイに非常に敏感ですので、口臭や体臭が目立つと女性も離れていってしまいます。宴会前には歯磨きをしたりガムをかんだりして口臭を消しておき、汗臭いなら宴会前にはお風呂に入り体臭を消しておきましょう。自分ではそんなに気にならなくても、女性は細かい部分まで気にする場合が多いです。一度女性目線で考えてみましょう。
「雰囲気イケメン」という言葉もあるように、顔がイケメンでなかったとしても、清潔感があったり、ファッションがおしゃれであったり、さりげない気遣いができる男性はモテます。

宴会の間とはいえ、モテないよりもモテた方ががぜん楽しいですね。健闘をお祈りします!